某神社拝殿新築電気・通信工事

拝殿の新築工事に伴う電気・通信設備工事の現場です。
施工内容は分電盤・照明・コンセントなどの一般的な電気設備に加え、ワイヤレス放送設備や防犯カメラなどの通信機器の設置。照明やコンセントなどの設備の数は一般的な建築物に比べると少ない物の、建物の構造がシンプルなだけに、いかに配線を見えないように行うかというところに非常に気を遣いますし手間もかかります。特に今回の現場では発注も工務店からではなくお客様からの別発注ルートだった関係で大工さんの工事が完全に終わってからの施工となりその分配線ルートの計画も苦戦しました。
出来上がってしまうと配線はあまり見えないので一般の方からすると「これだけの工事に結構時間かかってたね」と思われてしまうかもしれませんが、それは逆にシンプルに仕上がった結果だと喜ぶことにしておきます。
でも本当はすべての配線が全く見えないように、かつ長く使う建物なので後々配線が入れ替えられるようにするのが私たちの理想です。もし寺社仏閣の大工さんで完全に配線を隠すような施工をされたい方がおられましたらご一報ください。私たちは木組みの現場が大好きなのでシンプルに仕上がるように全力で取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です