日々の現場を紹介します



今これを使用して何か面白いことが出来ないか考えています。何か便利になることはないか?何か面白いことが出来ないか?この発想はdinnoの原点となっています。このボードの中に有線LAN・無線LAN・Bluetooth・HDMI・音声出力のほか、I/O端子がずらりと並んでいます。就職先を探しているあなた!dinnoで面白いことしませんか?

dinnoでは初めて導入する機器や新製品の機器の検証を日常的に行っています。自分たちが納得した物をお客様に使っていただきたいからです。今回はスイッチングハブとSFPモジュールの検証です。SFPとは光配線をつかったネットワークの際に使用するモジュールで、SFPポートを搭載した機器メーカーから各種SFPモジュールが販売されています。しかし他メーカー間のスイッチングハブを光で接続したい場合も多々あります。こういったときの為に事前に検証を行いました。機器はメーカーより検証機をお借りし弊社にある機器と接続、検証を行います。
また自社にて使用予定の機器の検証とは別にメーカー様より新製品が出たので検証してほしいとの依頼がある事もあります。弊社としては新製品を発売前に確認できたり新技術について勉強できる機会となるので喜んでお引き受けしております。各種方面、検証をご希望のメーカー様はお問合せ下さい。(混み具合によっては一時的に検証をお断りすることもあります)


医療施設の現場です。保安協会から漏電を指摘されているが場所が特定できないので困っているという事でした。漏電はツボにはまるとなかなか厄介です。特に改修が繰り返し行わている現場の場合、図面がちゃんと残っているケースは少ないですし、図面があっても実際の配線とは異なることもしばしばです。こういった場合はやはり経験と勘が頼りです。電気屋だったらどんな配線をしているだろう?と想像を膨らませながら調査を進めます。結果無事原因が分かりました。使っていない外部周りの電源部分に不具合が見つかりました。使用していないとの事でしたので不要な機器は取外し、絶縁処理をして復旧。不具合修理完成です。

お客様より生産機械が動かななくて困っているとのご連絡がありました。生産機械ですのでもちろんシーケーンサーが入っておりラダーを抜き取ってお客様からヒアリングを行いながら原因を順番に調査するもなかなか原因が特定できません。製造機械メーカーも遠方の為すぐには修理に来ることが出来ないようでしたが担当エンジニアの方が常に電話に出てくださる状況だったため、その方と電話でやり取りしながら原因を調査することに。結果このエンコーダのズレが原因では?という事になりました。確かにゼロ点のズレが ...

こんにちは。もうすぐ4月。皆さんお元気ですか?
dinnoでは現在新しいスタッフを募集しています。若くて元気な方!一緒に働きませんか?
電気工事はジャンルが広いです。dinnoではそんな広いジャンルの中でも色んな仕事があるので毎日楽しいですよ。最近は比較的ネットワーク関係の仕事が多いので、お客様によっては通信設備業者 とか パソコン業者 みたいに思っておられる方もいらっしゃるようですが、実際はそれだけではありません。

弊社の仕事の何が面白いかというと、お客様の「こうしたい」に対してこちらから提案することから仕事がスタートする所です。計画、設計、施工、保守まで一貫して行うことでお客様の困っていた顔から笑顔に変わる瞬間を見れることはやはりこちらとしても嬉しいです。もちろん奇麗ごとではなく仕事ですので報酬をもらって仕事を行っているわけですがどうせやるならやりがいのある仕事が楽しいと思いませんか?
デスクワークから現場仕事まで覚えることはたくさんありますが、一生技術を身につけていける大変やりがいのある仕事です。
興味を持たれた方はお気軽にお問合せください。




イエローケーブルってご存知ですか?今ではみなさん御馴染みのUTPケーブルが有線ネットワークの主流となっていますが、その昔はイエローケーブルという同軸ケーブルを使ったネットワークシステムがありました。この度はこのイエローケーブルの障害がいよいよひどくなったため、UTP+光ケーブルを使ったネットワークで復旧を行わせていただきました。 ・・・



花粉の季節になりましたね。私も最近鼻がムズムズして困っております。

現在縁あって某所にてネットワークを使った遠隔監視システムを構築させていただいております。デマンド監視はもちろんの事、受電点の電圧、電流、及び ガス、水道使用量、外気温のロギングが可能です。


天井裏に配線工事に入ると、今でも碍子引き配線を見かけます。こちらは碍子引きの中でもまだ新しい部類ですが、古いものだと触っただけで絶縁部分がめくれて電源部分が露出し少々やっかいです。碍子引きでもホコリやクモの巣などがなく、乾いた環境であればなんら危険は無いのですが こういう現場の場合は決まってそうで無いことが多いです。危険だと判断した場合はその旨お客様にご説明いたしますがそうでない場合はそのまま使用いただいても大きな問題ありませんが、もし予算が許すなら年数は大分経っていますので配線器具の交換と併せて改修を検討されるのが良いと思います。



ネットワークを利用して接続できるインターホン設置の為の埋設配管を仕込み中です。IPインターホンは一般的な2線式のインターホンと違い、IPアドレスを持つことが出来るため機能も豊富です。カメラ子機から電気錠の解錠接点出力が出来たり、逆に入力を受けることも可能です。今回はこのカメラ子機の映像を大きな画面でモニタリング+録画でセキュリティーを高めます。


現場用の仮設電源盤を組んでいます。皆さん壊さないように大事に使ってくださいね~。


奇麗な空ですね。
この現場、高所作業車は入れないような海辺の現場です。横ではおじさんが釣りをしています。僕もどちらかというとそっちをしたいです。。。でも今日は上がってなさそう。


雨の日はどうしても道具が濡れます。。。もちろんそのまま放置するとすぐに錆だらけ。そんな作業の後は休憩時間や昼休みなどを利用して道具の水分ふき取りと油の補給で錆対策。それでも腰袋自体は簡単には乾かないので次の日が晴れた場合にはこうやって天日干しをします。道具を大事にする職人は仕事も丁寧な人が多いはず。