日々の現場を紹介します


さてこれは何でしょう?電気屋ならわからない人はいないと思います。この部品は…


食品機械にかかわらず、機械物は海外製品をちょくちょく見かけます。今回の機械はドイツ製。既に利用されている機械のメンテナンスのためにドイツからスタッフが派遣されています。残念ながら弊社ではドイツ語を話せるスタッフがいないので、手振り身振りアイコンタクトでコミュニケーション。海外製品は海外の部品で組まれていることがほとんどで、遮断機や端子台なども形が違います。
例えばこのクラスの遮断機の場合、日本では17mmの六角ボルトで端子を固定している物が多いですが、本製品は16mmでした。

この度は電源側のみの工事ですので、検相だけ行って後はドイツ人スタッフにおまかせです。


照明の増設工事です。お客様から目標照度を示していただいているので照度測定をしながら機器の配置を考えます。


食品スーパーでの改装工事です。冷蔵ケースをほぼ全数入替ます。電源工事と通信線の工事が主な仕事...



高圧受電設備を設置した現場での受電日がやってきました。設計段階でPASが設置できないため、お客様の負担で電力会社の電柱までケーブルを引き延ばして出迎えております。
電力会社の電柱側にもスイッチがあり、そのスイッチの操作は電力会社のスタッフが行います。受電日を迎えるのは電気屋にとって気分的に一区切りできる良い日となります。


水道工事などでも実施される耐圧試験。電気の場合もあるんです。設置した電気設備およびケーブルに通常使用電圧より高い電圧を一定時間印加し、試験を行います。


高圧ケーブルは100Vや200Vで使用されるものとは、構造が少し違います。高圧ケーブルは端末の処理が重要になります。遮蔽層や半導電層など傷つけないように慎重に作業を行います。


一般の方はマグネットというと磁石を思い浮かべられると思いますが、まさにその通りで電気の世界では電磁石の仕組みを利用したものがたくさんあります。これもその一つ。まさに業界ではマグネットと呼んでいます。電磁石の力で電源の入り切りを行い、異常な温度上昇を検知して回路を遮断するサーマルと呼ばれる物と組み合わせて使用するのが一般的です...



設備更新に伴い、盤内の更新作業です。若手スタッフはベテランに付いて作業を学びます。


食品スーパーの改装工事です。冷蔵ケースが100台ほどあり、ほぼ全数更新です。配線も古くなって痛んでいるので全て更新します。冷凍機の電源工事やケースの通信配線の他、作業場のレイアウト変更など工事のボリュームはなかなかの物です。お仕事お手伝いしていただける方、正社員希望で求職中の方、ご連絡お待ちしております。


カーポートへの照明取付工事。こちらはスイッチの取り付け部分に穴を開けているところです。
取付しにくい場所ですが、ここに付けるのが普段使うのに邪魔にならず目立たないのです。


床コンセントの配管及びボックスの仕込み中です。