定期的にレスキューのトレーニングも行い、ロープ作業の技術向上に努めています。

staff_I

フィールドエンジニア

足場も高車も使えない、、、そんな時には!

 高所での作業が必要だが足場が立てられなかったり高所作業車では作業が困難な場所で活躍するのがこのロープ高所作業です。例えば建物と建物の間の狭い空間や、足場が設置できないような場所での換気口の清掃、空調設備の配管など。皆さんが街で見かけるウィンドクリーニング作業もこのロープ高所作業の一つです。高所だけでなく、建物内でも天井裏から壁や柱の隙間に下りないと作業できないといった場合にも有効です。
 同じロープ作業のように見えても様々な工法があり、そんな中でも弊社が採用しているのは安全第一 ” 2ロープ方式” のIRATAに準拠した工法。産業用ロープアクセスIRATAの国際ライセンスを有したスタッフが作業に当たります。

こんなところでも採用されています

 高所でロープにぶら下がって作業するなんて危険だと思われる方が殆どだと思います。確かに何の知識もない方が行うのは自殺行為でしかありません。しかし高所ロープ作業を行うためにはロープの結び方に始まり、作業するために使用する器具の規格、強度計算の仕方、操作方法、作業員のレスキューの仕方等、決められた項目についてしっかり教育を受け、試験に合格した人にしか許されない作業工法で有るため意外と思われるかもしれませんが足場作業に比べると圧倒的に事故率が低い作業工法になります。上に述べたレスキューというのは作業場所が特殊なだけに、作業員スタッフ同士でレスキューが出来るように予め計画を行い、仮に高所で動けなくなった場合でも救助するために必要な技術となります。
 日本ではまだまだマイナーかもしれませんが、海外ではよく利用されている工法で、例えばこんな現場でこのロープ高所作業が採用されています。

  • 風車のメンテナンス
  • 重機が入れない場所での大木の手入れ
  • 橋梁の点検
  • 人が普通に立てないような斜面
  • 建物と建物の狭い空間 など
  • 観覧車やジェットコースターのメンテナンス
  • 時計台の清掃や修理
高所でのカメラ取付

ビルの屋上、工場の高所など

高所照明

高所の危険が伴う箇所の照明工事

事例紹介を見る
斜面での電源工事

人が真っすぐ立っていられないような場所での電源工事

事例紹介を見る
足場の設置が困難な場所で

機械修理や空調配管など

事例紹介を見る

特殊な場所に無理やり足場を組む事と比べると圧倒的に費用は安く上がります。

弊社の専門は電気・通信工事です。よって配管作業や換気口の清掃、機器の取り付けなどが主な工事となります。その他にも外壁や雨どい、タイル、サッシやガラスの補修などにも対応可能です。